スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年・東北日本海側4

P8050369.jpg
いい松発見。

P8050370.jpg
巨木好きです。
絡み合っている。


P8050372.jpg
至福の夫婦松。


P8050374.jpg
殴りあっているようにも見える。
悶絶しているようにも見える。
夫婦とはそういうもんなのだろう。
この少しあとで奇跡的に誰もいないきれいなトイレを発見し便秘が解消。
そしてまた本願寺くんと遭遇して同行。


P8050378.jpg
国道に出るのに迷い、奇跡的に地元の人に出会ったので道を聞いた。
車社会の住民の教えてくれる距離はかなり不正確なことが多いため注意して聞いていたが、
聞いたとおりに走ってみるとものすごい正確な情報で驚いた。
画像は八郎潟の一部。


P8050381.jpg
八郎潟はコンビニもスーパーもない暗闇だった。
道の駅おおがたも街灯はほとんどついてない。前夜の道の駅あきた港も真っ暗闇だった。
バッグの食料を全部出す。乾燥きりたんぽも食べてしまう。


P8060385.jpg
朝もや。ここはもともと湖。


P8060389.jpg
自然のようだが埋立地。


P8060393.jpg
なんもない碁盤目状の道。新興住宅地もあった。学校もあった。平らすぎる世界。


P8060395.jpg
自分が乗ってるショットは同行者がいないと撮れない。貴重。


P8060407.jpg
砂利道が数キロ続いたりする大潟。
砂煙をモーレツに巻き上げて走ってくる車は都会では見られない。
しばし二人でしばらく砂利道の真ん中でカメラを構える。田んぼがきれいだ。


P8060408.jpg
道の駅みねはまだったか。


P8060413.jpg
猛烈な食欲に襲われる。


P8060414.jpg
本願寺くんも馬鹿でかい器のラーメンを食べる。
帰りに児童たちに囲まれて上小阿仁村の説明を受ける。将来の秋田美人を見た。
この旅で上小阿仁村に行けそうにないのが残念だ。


P8060419.jpg
五能線。乗りたい。


P8060434.jpg
本願寺くんが若干退屈そうに見えるが、写真を撮ると言って立ち止まるのは主に本願寺くんだ。
おかげで今年の旅はたくさん写真を撮った。しかし腕は上がらないのだ。


P8060442.jpg
遠くに見える五能線と日本海。ずっと海岸沿いを走ってる。


P8060449.jpg
道の駅はちもりは大変質素だった。お殿水だけといっていい。


P8060450.jpg
給水は大事。何よりのご褒美。甘露、甘露!


P8060454.jpg
本願寺くんで遊ぶ。
いろいろおかしい。顔ハメになってない。穴から覗いてるだけになってる。

<続く>
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。