スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 自転車旅行 装備の説明 自転車まわり編

●ミラー
F20-Rのミラーを買った。
イルミラー VELO GARAGE ブラック/ブルー
37673200001_12s[1]
公式amazon

バックミラー三代目。
初代はスパイミラー
半年でミラーが傷だらけになった。樹脂系の鏡面ってダメ。
二代目はマルチミラー 3BB-ML1000 BLACKBURN
長く愛用しましたが2010年初秋に奥多摩へ輪行した際にモゲました。
原因はハンドルバーへの差込むソケットが割れたことでした。合掌。
そして三代目イルミラー。
非常によろしい。
形状が前のマルチミラーに似てて一回り小さい。鏡面は同じくガラス。
LEDフラッシュライトも兼ねているという点に惹かれた。
買ってみて、フラッシュライトも申し分ないと思ったが、
なによりミラーがいい具合に曲ってブルホーンに十分に対応してくれた点が最高。
NEC_0461.jpg
NEC_0459.jpg
マルチミラーの首は非常に固く折り曲げにくかったが、イルミラーの球体関節はかなり自由が効く。
球体関節の固さは指で回すネジで調整できる。
フラッシュライトが無くても十分じゃね?と思った。
いろいろ見てきたが、一番いい。満足。


●サイクルコンピューター
サイコン。
速度でペースが掴めるので先々の予定が立てやすくなる。
坂を登るときに走行距離を見てるとあまりののんびりペースにうんざりするのでなるべく見ないようにしたい。
とある海外メーカーのものを使ったことがあるが、速度が199kmになっちゃうことが何度もあったし防水処理はなかったしで一年ともたずに壊れた。
国産メーカー推奨。キャットアイ最高。


●ボトル
ボトルは二本常備。
一つは水を入れた普通のペットボトル。ワンタッチで開けられるキャップをつける。
口をゆすいだり体にかけたりもする。
もう一つは500mlのサーモス保冷ボトル。必携。最近は象印のもいいのがある。
常に冷たい水の補給が出来るのでものすごい重宝。
朝、最初に見つけたコンビニで氷を買ってボトルに入れて水をひたひたに入れる。
水がなくなったら水を足す。 夜まで氷がもってくれることもしばしば。


●球形コンパス
球形のが便利。
mini-ball-compass1_3201[1]
ハンドル周りにぶら下げて使うといつでも確認できる。
道の入り組んだ都市部でよく使用。
携帯にぶら下げておくとでかい建物の中で迷子になっても大丈夫。
なお、フレームのそばにぶら下げると鉄に干渉して狂うので注意。
これもいいが、遠目から北がどっちかわかるもののほうがいい。
ハンドルバーなどに巻きつけるタイプも鉄に干渉することがある。


つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。