スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 自転車旅行 装備の説明 身につけるもの編1

さて、
やっぱり今年も参るか。


分割式日本一周も、大きなところは東北と九州を残すところとなり、
今年こそは九州かと思ってやまなかったが、
震災がありましてボランティア精神ゼロのぼくも思うところがあり、
どこへ行っても不謹慎のそしりを受けそうな気もしたわけですが、
まあ、東北がよかろうと判断しました。
九州でも東北でも二つに分割して回る予定でいたので、
今回は東北の東側、4号線沿いを北上して八戸をゴールとしてみようかと思ってます。


で、
いつものように装備についてだが、
「自転車旅行 装備」で訪れる人多数(150アクセス/月。少な)なので、
いつものように一覧にするのはやめて、
初心者にも優しい解説を、みずからの経験に基づいて書いてみました。
なお、あくまでも日本の真夏の自転車旅行の装備です。
以下です。



●着るもの
速乾Tシャツ2枚。寒さ対策に袖の長いのも1枚。
速乾シャツの良いところは、すぐ乾く。コンパクト。軽い。
欠点は、とても汗臭くなること。
防菌効果やUVカット効果があればなおよし。
下着は3枚。これも速乾。
走ってる時のパンツはレーサーパンツ。
ハーフパンツは裾が膝に触って煩わしい。一日だけならいいが何日もだと耐えられないのでレーパンが一番楽。
レーパンの良いところは、すぐ乾く、動きやすい、涼しい。
欠点は、多少の恥ずかしさ。だが、そこは慣れ。
紫外線対策にTシャツを着るときは腕にアームカバーをつける。
レーパンもひざ下が隠れるタイプだとなおいい。
ビブだとお腹への締め付けがなくなるのでさらにいい。
31CCI2WX01L._AA160_[1]
これが「ビブ」。シャツを脱いでこれだけの姿だと多少変態度が増しなぜか友達が増えます。
あと、シャツは暗がりに紛れない明るい色のものがいい。
夏でも北海道は朝晩や山上が寒いのでスウェットの上下を持っていく。
1000メートル以上の山越えの場合はレギンスなんかも持ってるといい。
レインコートで代用するという手もある。


●手ぬぐい
お遍路以来、手ぬぐいは必須になった。
基本的に首にまく。暑いときは濡らして首に巻く。
保水力はないが直ぐ乾くところが良いところ。
銭湯ではこれひとつで体を洗って拭いて手ぬぐいもきれいになってすぐ乾く。最高。
以来タオルはほとんど保冷のために使うようになった。


●グローブ
あった方がいい。
こけたときに手のひらをすりむいたら大変なのでなるべく装着。下り坂では必ず装着する。
ハーフフィンガーは指先だけが日焼けするのがちょっとかっこ悪い。
スポーツ車は前傾するので長時間乗ると手のひらが痛くなる。
手のひらのクッションが程良く厚めな方が長時間乗る上では楽。キツメよりゆるめのほうが楽。レーサーじゃないでグリップ力は重視しない。
愛用のグローブはゴールドウィンです。
格好を気にしないなら軍手でもいい。ないよりずっといい。


●キャンプ時の服
キャンプ時に着るものは別にしている。
夏なので軽めのタイシャツとタイパンツ。
地方の町の公園でタイ人のような格好でテントたててダラっとしてるのは怪しすぎる気がするが職務質問とかは今まで無い。ラッキーなのか。
お遍路してたときはそれに菅笠が加わるのでさらに怪しさが増してたと思うが大丈夫だった。


つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。