スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年四国八十八箇所 徳島編2

ここらへんから背筋がピッとしてきます。そして黒くなります。



13dainitiji.jpg
13番・大日寺
三日目終了。二日目の宿泊場所の鴨の湯まで戻りました。


14jourakuji.jpg
14番・常楽寺
岩ゴツゴツ。
ここらへんは、


15kokubunji.jpg
15番・国分寺
住宅地。


16kannonji.jpg
16番・観音寺
楽ー。


17idoji.jpg
17番・井戸寺
左上の黒い雲に気がつかない男。
まもなく土砂降り。太子堂から動けず。
ここであいさつしたみすぼらしい普段着姿のお遍路さんが印象に残ります。
徳島市街まで出ていのたにでラーメン食べて中央公園の巨大な東屋で寝ます。ホームレス付き。
その公園では阿波踊りの有力な連が練習してたのを間近で拝見しました。
四日目終了。


18onzanji.jpg
18番・恩山寺
なにこの横ワケ。
すっかり覚えてない。


19tatsueji.jpg
19番・立江寺
若くねーなー。


20kakurinji.jpg
20番・鶴林寺
これは三脚を自転車に置き去りにしたね。
車体を軽くするために立江駅前の藪に荷物を隠して登りに登った。きつかった。
ダメな表情を見せられなくてすまん。
霧がすごかった。
よほど疲れていたのか、納経所で書いてくれる若い女性が白衣をくれるというお接待。感謝。
車道と遍路道の分岐手前でしゃがみ込む人。前日17番であいさつしたみすぼらしいお遍路さん。少し話す。
その後太龍寺でまた会う。


21tairyuuji.jpg
21番・太龍寺
土砂降り。自転車ごとロープウェイで。上でも土砂降り。そして霧。
土砂降りの僅かな間隙を縫ってとった一枚。
帰り道、山門のベンチで鶴林寺手前で会ったお遍路さんと再会。話し込む。
彼の身の上と動機を聞いて涙が出そうになってしまった。いい人と出会えた。どうしてるかな。
近くの道の駅で五日目終了。
道の駅ではぐいぐい話しかけてきてこちらの話を一向に聞かない売店のおばさんに捕まる。
夜になると黒いセダンが止まってるの、ほらあれ、怪しいでしょ、あれヤクザの取引とかしてるから。
四五回聞いた。


22byoudouji.jpg
22番・平等寺
朝から雨。道の駅を出られず九時を過ぎる。
道の駅の裏に前日コンビニで見かけた自転車旅行の若者がテントた張ってたよう。
彼は一周、こちら遍路なのですぐお別れだったが最後までメールで連絡取り合った。
寺前にはアイスクリンの露店の車。
寺の帰りにずぶ濡れの黒い子猫を見つけた。
近くの集落まで連れていった。


23yakuouji.jpg
23番・薬王寺
近くの道の駅の東屋にて六日目終了。
上の納経所でテキトーに書かれてうんざりする前の眠たげな表情。下でやってもらえばよかった。
タイヤの様子がおかしいので履き替えた。
スポンサーサイト

テーマ : 四国遍路
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。