スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 荷物の準備

全荷物

毎度毎度荷物のセットに悩むので備忘録。


ファイルケースの地図は視覚的に全体を把握しやすいダイソーの日本地図。
通常使用の地図はツーリングマップル。フロントバッグの外ポケットに突っ込んどく。
自炊関係は本格的に自炊しないけど朝コーヒーとか味噌汁とかに。
修理エマージェンシー関係は工具、エマージェンシーシート、絆創膏のほか袋麺も入れてる。
今回は輪行袋も使う。行く時と帰る時しか使わないのでブルーシートで代用するかいまだ思案中。
以上ともろもろの小物が20Lのサイドバッグ×2に入ります。

このほかに
・チューブとタイヤレバーを入れたサドルバッグ
・テント
・フォールディングマット
・保温ボトルやツールボックス
・携帯ポンプ
を車体やキャリアやボトルケージに装備。

今年は輪行するので、
これらすべてゆうパックで局留め発送して、
自転車と空っぽのサイドバッグと小物を持ってスタート地点の長岡まで電車でGO。
直前まで仕事なので仕事でも使ってるサイドバッグは発送できないのが残念なところ。


フロントバッグの中身

フロントバッグの中身。
走ってる時やネットカフェに入るときに使いがちなものを入れてる。
メスティンの中は濡れては困るオピネルナイフや充電器、ライト関係。
外のポケットにはツーリングマップルのほか、日焼け止めや携帯ツールや干し梅など。
マップケースには自作プリントアウトした各地のチェックポイント、アウトドア店、自転車屋、ネットカフェの位置情報。

去年はこれにお遍路グッズがあった。
年々荷物は減ってる。よい傾向。
短い旅なら自炊関係も充電器も折りたたみバケツもいらないし換えのチューブや電池も減らせる。

あとはサイドバッグ、フロントバッグ、フォールディングマットをいいのに換えてランドナーを買ってしまえば、
もう言うこと無しです。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

応援ありがとうございます!


>MA◇さん
一昨年も新潟に行ってますし、夏の日本海側がものすごい暑いのは知っていますよー(汗汗
真夏の平野部はどこ行っても暑いですね。
熱中症対策グッズは帽子とタオルと水です。あと正午前後の休憩です。

それより光化学スモッグの方が怖いかな。
日本海側は渋滞してるところはあまりないけど、中国が近いので(汗


>モッサさん
今年は3週間前までいけるかどうかが微妙だったので、
行けるとわかって大慌てで走るところ決めてあれこれ準備しました(汗
今年は4年ぶりに機種変更したので、写真がキレイだとおもいます。ウデによるのかな?


そういえば四国の後記も書いてないんだよなー。今から書こうかな。

今年はいかんのかな~と思ってました。

やっぱいくのねー 応援してます。

旅行記 楽しみにしてますね。

今年は、北陸山陰なんですね(^_^)
お気をつけて

ちなみに北陸平野部は、意外にフェーン現象で熱かったりするので、涼しいと思って行かないように
山間部はもちろん、夜は涼しいけど

今年はどこも、暑さが異常だし、熱中症対策グッズもお持ちくださいませ~
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。