スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セームタオル(スイムタオル)による脱水方法2015

IMG_3407.jpg
セームタオルによる脱水方法を詳しく紹介したい。
以前紹介した記事はこちら
上はカラカラに乾燥しすぎてカチコチになったミズノのセームタオル(スイムタオル)。


IMG_3408.jpg
濡らした。水を吸ってぷるんぷるん。201g。


IMG_3409.jpg
軽く絞った。78g。
柔らかくなったこの状態から使用する。


IMG_3401.jpg
くたびれたユニクロのドライメシュ。化繊。
ずいぶん使った。

IMG_3402.jpg
乾燥状態。163g。


IMG_3405.jpg
濡らしてしっかり絞った状態。402g。


IMG_3410.jpg
セームタオルでシャツを巻き込むように包む。


IMG_3412.jpg
シャツのほうが大きいので3~4回に分けて巻いては絞るのだ。


IMG_3414.jpg
巻いてるそばから水分を吸収するのだ。


IMG_3415.jpg
この状態で絞る。全力でなくてもいい。


IMG_3416.jpg
開くとセームタオルは水分を吸っている。


IMG_3419.jpg
また巻いては絞る。


IMG_3420.jpg
水分が残ってるところをセームタオルで押したり握ったりする。

IMG_3421.jpg
ぼくは旅に洗面器を持っていくのでセームタオルを敷いて脱水した洗濯物を入れて食事してる間にさらに吸いとってる。


IMG_3423.jpg
終了。270g。
しっかり絞った状態402gからセームタオルを使ったら132g吸い取った。


IMG_3425.jpg
ついでだからセームタオルに似たものとして洗車で使うタオル。ホムセンのコーナンで試しに買った。300円位。
カラカラの状態。26g。

IMG_3427.jpg
ぷるぷるにした。196g。


IMG_3428.jpg
絞った状態。69g。


IMG_3429.jpg
同じようにシャツを絞る。


IMG_3430.jpg
終了。350g。
402gから52g吸い取った。


●結果
シャツの重さはは163g。
水分吸って手絞り状態は402g。シャツが吸ってる水分は239g
セームタオルは239gの水分の内132g吸い取った。手絞りで残った水分の55%を吸い取った。


なお、
洗車タオルは239gの水分の内52g吸い取った。手絞りで残った水分の22%を吸い取った。
洗車タオルを同じものと思ってはいけない。
メーカーモノのセームタオルは素地に繊維が内蔵されてるので破れることはないが、洗車タオルや安価なセームタオルは破れやすい。


セームタオルで絞った後は自転車やテントに引っ掛けるなりして朝まであま乾きさせて日が出た後はチャリにぶら下げて走る。天気が良ければ30分もしないうちに完全に乾く。ぼくが旅で着るものは全部化繊だから乾きやすい。


シャツ、下着、パンツ、くつしたを洗濯するところから水分を絞り終わるまで約1時間。
コインランドリーは必要ないときに見つかって必要なときに無い。
ネットで探して行ってみたらだいたい閉店してる。
コインランドリーを探して回るよりいいように思う。
キャンプの人にはもちろんだが宿に泊まる人も洗濯代の節約になる。


2008年の旅で首にかけたらひんやりするのではなかろうかと思って持っていったミズノのセームタオル。
その用途では全く役に立たなかったが、たまたま洗濯物を巻き込んで絞ったらすげー水が絞れたのをいいことに2009年から旅の必需品になった。
2008年の旅から帰ってセームタオルの脱水方法をネット検索してみると出張がちなビジネスマンのブログが1件引っかかったくらいだった。
啓蒙せねば、そう思って当ブログやツイッターで書いてきた。
あらためてちゃんと書いてみたわけです。
いかがでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。