スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年北陸山陰の風景1

2010tabi01.jpg
長岡の郵便局にて。
先行して郵便局に支店留めで届けていた装備を回収。
この装備で出発しました。
暑い中、装備するのに小一時間位かかりました。


2010tabi02.jpg
寝床にした公園の平和のオブジェ。


2010tabi03.jpg
難読の橋。
橋好きなので橋の写真が今後も出てきます。


2010tabi04.jpg
丸い柱の鳥居。鳥居にはいろんな種類があります。
北陸の国道8号沿いに神社の鳥居だけが国道に向かっていきなり登場することがよくありました。
いままでそういう地域はなかったように思うけどな。


2010tabi05.jpg
久比岐自転車道。
人道トンネル。前日雨が降っていたから壁面全体が濡れていた。ひんやりして気持ちいい。


2010tabi06.jpg
久比岐自転車道。
人道トンネル入口。憩いの場です。たくさん休憩しました。蚊も居なかったなー。


2010tabi07.jpg
久比岐自転車道。
海も見れます。南側が山なので日陰がたくさんあって助かりました。


2010tabi08.jpg
久比岐自転車道。
北陸自動車道の橋脚。美しい。奥は墓場と道路を挟んだ正面は民家です。
ここらあたりになると自転車道っぽくなくなって集落から集落への道をジグザグにすすみます。


2010tabi09.jpg
久比岐自転車道。
右の道路は国道8号。


2010tabi10.jpg
久比岐自転車道終点近くの橋の上から。
この写真を撮ったときにはすでにその自転車道終点にある東屋に地図を置き忘れていてそれを知らずに銭湯やスーパーのある糸魚川に向かっているところです。それに気づいて慌てて戻って日も暮れて真っ暗なので糸魚川行きは諦めて終点の東屋で寝ることになりました。
この東屋あたりは夕日の綺麗なとこらしく、地元の30歳前後の人が買ったばかりのカメラを構えて夕日を収めていました。その人と雑談している間に地図を東屋に置いたのを忘れてしまったんですなー。
東屋はこのあたり
ローソンも隣にあるので安心な寝床。
なお、カメラのにいさんに聞いたところ糸魚川、姫川大橋を渡ってすぐ海岸方向にある総合福祉センターでお風呂に入れると聞きました。そのあたりの海岸沿いには屋根のあるところもあるとかでキャンプもできそうと勧められました。
このあたり


2010tabi11.jpg
黒部川にかかる国道8号の黒部大橋。典型的なワーレントラス構造の橋。
美しい上に長い。572mもある。側道もあるのでこうやって写真も撮れる。うれしい。


2010tabi12.jpg
道の駅「倶利伽羅 源平の郷」にて。 
火牛の計の牛の像。火牛の計はこちら
このまわりにベンチと自販機があって休憩できます。
なお、この倶利伽羅の地を含む小矢部市はメルヘンの町だそうです。


kuhiki3.jpg
久比岐自転車道ルートマップ。
画像クリックでものすごい拡大した画像が出ます。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

2010年北陸山陰の風景2

2010tabi13.jpg
河北潟
いわゆる潟湖。入り江が閉じて湖になったところ。そこを干拓のため埋め立ててしまってるところ。


2010tabi14.jpg
能登海浜自転車道~加賀海浜自転車道。
激しく道が悪いのでおすすめしない。
河北潟の西側の砂浜は車が入れる。砂浜に標識もある。
ということだったんだけど、暑くて探してらんなかった。
そして、この画像の道路標識の奥の草むらでとりあえずうんこしました。


2010tabi15.jpg
金沢駅の「鼓門(つづみもん)」。
右の柱の下に愛車。でかいよね。


2010tabi16.jpg
奥はこんなに近代的なもてなしドーム。見栄えするのにぼく以外に写真を撮ってる人はいなかった。なぜだろう。


2010tabi17.jpg
松任総合運動公園。


2010tabi18.jpg
松任総合運動公園の夕日。


2010tabi19.jpg
翌朝の松任総合運動公園。
トイレの脇でしたが快適でした。朝から運動に励む壮年の方々。そのうちの一人から声を掛けられました。
というかこちらからあいさつしています。怪しいもんじゃないよってことで。
公園野宿はあいさつが基本です。


2010tabi20.jpg
加賀の水田地帯。


2010tabi21.jpg
東尋坊の手前の公園。
左手の下にいる小人のカップルを紹介しています。うそです。
セルフタイマーにして立ち位置へ走ったら首から手ぬぐいが落ちそうだったのでつかんだところでシャッター。
おかしなポーズになり、天才的なタイミングで遠くのカップルが写りこんだようです。


2010tabi22.jpg
東尋坊。
覗きこみすぎ。人多すぎ。頑張って近寄ったが自分撮りはできなかった。


2010tabi23.jpg
土産買ったところ。
境港は遥か彼方だが目玉のおやじ。
そしてミゼット!かっこえー。


2010tabi24.jpg
東尋坊からの帰り道のらっきょう畑?
迷子中の一枚。地図見ても分からんので野生の勘に頼りつつ焦りは禁物と思って撮った一枚。


2010tabi25.jpg
迷子中。焦りは禁物だが道のど真中に自転車を置いていないあたりが焦りのあらわれ。
よく見たら道が矢印みたい。そういえばたしかに矢印の方向に地理が判断できる道があった。


2010tabi26.jpg
福井鉄道だったかな。
路面電車はどこのを見てもいいねー。

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

2010年北陸山陰の風景3

2010tabi27.jpg
柵が自転車。


2010tabi28.jpg
下は川。
高いところは苦手。
ここで撮ろうと思って下見たらえらいこわいんだけど、セルフタイマーを作動させるとこういう所でも座ることができたりした。
独りでこういう事をやりながら何やってるんだろうとかあまり考えないようにしている。


2010tabi29.jpg
長めのトンネル。
段差のある歩道だが狭い。段差から落ちると相当なダメージ。あと15センチでいいから幅をとってトンネル掘ってほしい。


2010tabi30.jpg
越前おろしそば。
一味か七味で食べる。わさびはない。
北陸はこういう傾向みたい。ずっとあとの出雲そばもわさびはなかった。日本海側はそばにわさびは少数派なのかな?


2010tabi31.jpg
敦賀駅。
自転車の修理のためこの町に三泊四日滞在することになりました。
以下、駅前の商店街沿いに並ぶ999とヤマトのキャラクターのオブジェの画像。
なぜ999とヤマトなのかは説明されてもいまいちピンと来ない。
詳しくはこちら


2010tabi32.jpg
2010tabi33.jpg
2010tabi34.jpg
2010tabi35.jpg
2010tabi36.jpg
2010tabi37.jpg
2010tabi39.jpg
2010tabi40.jpg
2010tabi41.jpg
2010tabi42.jpg
2010tabi38.jpg
銅像はもっとありました。
自転車を自転車屋に預けて歩いて回っていたので全部撮る気になれず断念。

最後の像は駅前にある「都奴賀阿羅斯等(つぬがあらしと)」の銅像
この地に来着した朝鮮半島任那国の王子だそうです。
「つぬが」が「角鹿(つのが)」になり「つるが」の地名の語源だそうです。詳しくはこちら

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

2010年北陸山陰の風景4 敦賀

敦賀の自転車屋、バルバで出会った宮大工吉村くんのレトロ自転車のパーツをご堪能あれ。

2010tabi43.jpg
2010tabi44.jpg
2010tabi45.jpg
2010tabi46.jpg
美しい。
ぼくはブランドの事とかよく判らないんだけど機能美より美そのものなんだとおもう。
ブランドのことが分かる人にはもっと驚くことだったりするんだろうね。
次に吉村くんに会ったときに完成した車体の画像を撮ってこようと思います。


2010tabi47.jpg
気比の海岸。


2010tabi48.jpg
気比の海岸。
暇だから撮ってた。撮ってたら若者にかっこいい自転車すねーなんて言われた。うれしい。


2010tabi49.jpg
気比の松原。
画像よりもっと素敵なところだった。


2010tabi50.jpg
武田耕雲斎の像。
幕末の憂国の士。


2010tabi51.jpg
氣比神宮
皇室関係の神社みたい。


2010tabi52.jpg
氣比神社の摂末社。


2010tabi53.jpg
敦賀の港。


2010tabi54.jpg
ヤマトのアナライザー。
きみは端っこにあったんだね。


2010tabi55.jpg
後輪。
シュワルベkojak。4500円くらいしたケブラービードのタイヤ。
昨年のお遍路、薬師寺あたりから使ってきたが、無茶だったようだ。
出る時はまだ大丈夫だったが、暑さもあってもう糸出ちゃってる。傷もひどい。
国道8号の悪路のせいにしとこう。


2010tabi56.jpg
ということでやっと届いたシュワルベマラソンプラス20x1.35。
こいつは空気を入れなくても走りそうなくらい硬くて分厚いタイヤだった。
最初、握力が死ぬかと思うくらいリムにはめるのが大変だった。
そしてハメる時にチューブを傷つけてチューブを一本台無しにしたのでもう一度はめ直したらわりとあっさりはまった。
コツがあるみたい。
これでパンクするときはいたずらされた時くらいだろう。
そして、家に帰ってからもう一本前輪用に買った。
タイヤが重たいことよりパンクしないことの方が重要だと悟った。


NEC_0115.jpg NEC_0128.jpg
NEC_0108.jpg
NEC_0134.jpg
サイクルショップBARBAワークス
左上は横山店長の愛用の擦過防止のスプレー。お尻のほっぺたにシュッとね。
BARBAさんにはほんとお世話になりました。
敦賀周辺で自転車買うならここ。
買うと小一時間くらい自転車講義。横山店長がやさしく指導してくれます。
閉店間際はお仲間がたくさん集まるようでした。

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

2010年北陸山陰の風景5 小浜~天橋立

NEC_0141.jpg NEC_0144.jpg
敦賀を脱出して小浜。
ホテルの前の足湯には「手湯」ってのもあった。


NEC_0140.jpg
NEC_0147.jpg
オバマ。
大統領をやめた後の扱いが心配だ。


2010tabi57.jpg
小浜を回りこんだらずいぶん登らされて国道に出れなくなって戻らなきゃいけない気持ちの一枚。


2010tabi58.jpg
青戸大橋。
歩道はいつも細い。でもいい橋。


2010tabi59.jpg
道の駅「シーサイド高浜」。
ここは便利。24時間の休憩所があって、隣は「湯っぷる」ってスーパー銭湯。裏は海なので眺望もよいし風も吹いてて涼しい。ということを多くの旅人は知っている模様で、ここで「日本一周の旅 18周目」と書いたダンボールをママチャリに掲げたつるっぱげの59歳のおっちゃんに会った。見た目はじいさんだった。この人とはのちに鳥取砂丘へ向かう坂の途中ですれ違った。ほかにも大宮から走って2ヶ月半の自分話を延々とし続ける57歳のママチャリのおっちゃんもいた。
広島から出てきて松江に向かうという若者ライダーにも会った。おっちゃんたちからは魂を取られそうなので若者と一緒にいた。若者はやさしげで楽しかった。
NEC_0149.jpg
18周目のおっちゃんの後ろに「食事をとってないので注意」と書いてある。
後ろの車への注意喚起と思われる。
ネットで調べるとやっぱり出てくる。
http://greenz.jp/mamachari_caravan/?p=7828
http://ameblo.jp/kaz373/entry-10465969973.html
http://eunuch88.blog97.fc2.com/blog-date-200904.html
追記2011/4/5
http://blogs.yahoo.co.jp/yumemiru_yumeko_chan777/archive/2010/09/19(バックショットでわかりやすい2010年の)
http://ameblo.jp/revoltbooks/entry-10742737208.html
http://www.around-japan.net/see/index.html
http://takonosuke.mie1.net/e283228.html(リアカーの旅人)
http://okkun.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/02/2011219_d883.html
http://freeride.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/15-57ef.html
http://ninozi.exblog.jp/11510644/(愛媛かな)


2010tabi60.jpg
舞鶴の道の駅「海鮮市場とれとれセンター」。
タンパク質を摂取という意気込みでした。サザエは小ぶりでも美味しかった!


2010tabi61.jpg
NEC_0157a.jpg
宮津の集落のお社。
国道がバイパス化するので大きく迂回。
そこに雨。でもお社で雨宿り。ありがたや。


2010tabi62.jpg
トンネル内の歩道の側溝の蓋。
走りにくくしてやろうという意志を感じる。歩道なのに危なくてしょうがない。


2010tabi63.jpg
天橋立の前の寺。
天橋山 智恩寺。山の名前がまんまだね。
ここらへんは黒豆の産地みたい。


2010tabi64.jpg
2010tabi65.jpg
珍しい回転式可動橋。
橋立に行こうとしたら橋が切れてる。と思ったら船が通ってた。
回転してる橋の端には管理のおっちゃんが立ってる。橋が戻るとニコニコして子供の相手をしたりする。


2010tabi66.jpg
2010tabi67.jpg
2010tabi68.jpg
2010tabi69.jpg
天橋立を中から見てもただの松原の公園。
でも両側に海があるのは不思議な感じ。
ちなみに橋立の砂浜は海水浴客がたくさんいました。
橋立の全景は橋立のもう一端まで行ってそこからほどないところにあるケーブルカーで上に行くと見れます。見なかったけど。500円だったかな。

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。