スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車旅行後記~高松

日を追って書くのもナンなので印象に残っていることをなんとなく書くよ。

旅の終盤、四国は高松でのこと。

香川県に入ってから国道11号線沿いに不思議と100円ショップをよく見かけた。
本州では散々走っていながら二日に一軒見かけるかどうかだった。
便利なのでよく入った。
前日の伊予三島の運動公園でのテント生活がわりと快適だったのでスイスイ走って、
と言うのは言いすぎだが特に道に迷うこともなく予定していた高松駅前の中央公園に到着。
明るいうちに着いたが明るいうちからテントをたてるわけにも行かないので洗濯したりして時間をつぶした。

ここの公園は県庁所在地の駅前にある割には結構大きい公園。
しかしながら芝生が敷いてあるところが少ない。
また階段があちらこちらにあって平面の公園とは言いがたい。
広いのだがテントを張る場所に困った。
それでもちょっと階段を上った先の小高いところにテントをはれそうな場所があったのでそこに決定。
そばにベンチもあるし申し訳程度の池もある。よどんだ池だったが。
暗くなったので水場から水も汲んできてテントも張ってご飯も食べた。
食べると体が温まり外気は暑いのでテントの張ってあるところからすぐ通りが見えてそこに自販機の光が見えたのでなんか買おうと思ってテントを出ようとした。
するとどこからともなく帽子をかぶった中肉中背のチェックのシャツを着た男性がテントのほんの5メートル程度のところに立ち止まった。

テントのそばに人がいるときはテントから離れるわけには行かない。
何か盗まれるかもしれないからだ。
テントに出てしまったのだからとりあえず折りたたみ椅子に座ってチェックの男性を背にしてけん制した。
さっさとどっかいってくれんかなと思ってタバコを吸って時間をつぶした。
ところがこいつが一向に立ち去らない。
何してるんだろうかと5分ほどいぶかしんでいるとようやく移動し始めた。
やれやれと思ったら今度はベンチの方に座った。やや離れているとはいえ10メートル程度しか離れていない。
もうこの時点で闇夜の公園なのだ。ベンチのあたりは街灯の光もあまり届いてない。
そんなところに座って何するでもなしにじーっと座っている男性。

なんか気味悪いなと思うわけだよ。
自販機にもいけず困ったなあと10分くらいそうしているとようやく男性はベンチを立って立ち去った。
その様子を見てほっとして僕は自販機に向かった。

ところがだよあなた。
僕が自販機の前に立つとその男性が背後に並んでいるじゃないのさ。
おーなにすんだこいつ、と思いつつ平静を装いさくさくコーラかなんかを買ってテントに向かう。
振り返るとその男性もなんか買ってる。
テントに戻って椅子に座ると、またその男性がさっきの暗がりのベンチに座るではないか。
マンツーマンディフェンスか、しかし何からディフェンス?とか色々思うわけだが、
とにかく男性の方は見ないようにしつつも警戒モードを高めていた。
そうして10分か15分かするとようやく男性は立ち上がり階段を下り、公園の向こうのほうに消えていった。
なんじゃあれはとしかしながら何事もなくてよかったと思っていると、今度はごくごく親しげに声をかけてきた熟年の男性が。

テントをたてるとよく地元の人に声をかけられたりするのでその熟年男性はそうした一人だったので普通に応対した。
あれこれ話していると熟年男性、実は今日はこの場所でちょっと変わった若者とメールで約束してこの場所で会ってみようということになっていると。
ふむふむ。なにか心当たりがあるような。
僕「して、どのように変わった若者と?」
熟年「うん、ホモの」

その熟年男性はたいへん好奇心旺盛のようでそうした変わった人に会ってみたい思って連絡を取ったとか。
「しかし来ないなあ」とか言うが、こっちは思い当たることがあるわけだ。
そこで事情を話すと、あーそれかもしれないと残念そうな顔をする。
その男性に聞くところによると、どうやらこの公園はそういう人々の交流場所のようで、そうした系列の人が夜な夜なやってきてベンチにぽつんと座ってたりするとか。

操の危機というやつだったわけだ。
そんな話をしてくれた熟年男性とは2,30分話して去っていった。

で、これで終わるならいいわけだ。
テントに入ってさあ寝るかと思うとここの公園はとにかく人通りが多い。
やたらと足音が聞こえる。
こちらは先ほどの話を聞いたこともあって警戒レベルが上がっている。
なかなか寝付けない。
そうこうしていると頭上の方で足音が止まった。
テントの前室のフライシートを半開きにして内部は締め切っていたのだがこちらからは外がよく見える。
顔をそっちに向けると何者かが少し離れたところといっても2,3メートルのところからこちらを覗き込んでる。

今までいろんなところにテントを張ってきたが覗き込まれたことはない。
大体そこらへんにテント張ってあったからって覗き込もうと思わないでしょ普通。
さっきの話もあって「ホモー!」とか思うわけで、もうそれは警戒レベルはマックスだ。
テントの中から、ホモじゃねーぞと宣言するのも変だろうからとにかくじっとしてた。
覗き男はしばらくそうしていたが立ち去った、と思ってテントの入り口の反対の覗き窓から立ち去る様子を確認しようと思って見ていたら、
そいつの足が覗き窓の真下に「ニョキッ」って立ち止まるんだよ!
1分もしないうちに立ち去ってくれたわけだがー。

このときはさすがに怖かった。
幽霊とかそういうのより現実の人間の方が怖い。
そのあとも人通りが多くておちおち寝てられなかった。
そんな公園でテントたてる僕のほうが悪いんだが、それにしたってここの公園は危険だ。

もう一つ付け加えておくと、
翌早朝、この公園を出るとき通りの向かいのコンビニの前に10名程度のいまどき見ないようなヤンキー軍団がたむろしてた。
早朝からそんなに気合入れるのは旅人ぐらいでいいんだが。
そんなこんなで僕にとっての高松は、ガラの悪い街という印象になってしまった。

後日、徳島から東京への船中で知り合った人にこうしたいきさつを一通りすると、
高松のガラの悪さについて別の人から聞いたことがあるとその人は教えてくれた。
住んでいる知人がいないのだから実際のところは不明だがなあ。

でも旅日記で書いたとおり、讃岐うどんはおいしかったし、讃岐のロケーションは大変好印象だ。
ということでフォローしたい。
テントはもうはらないがな。


----------------------------------------------------------------
中央公園の場所

地図を見て思ったが、そういえば手前の栗林公園の方に入りたいと思っていたんだが、
こっちは敷居の高い公園と言うか庭園と言うか、いずれにせよ工事中だったので入れなかった。
しかしこの公園はいろんな駅に取り囲まれている。包囲網が出来ているかのようだ。
ビジネス街とわかるね。人が多いのもうなずける。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

自転車旅行後記~野外生活

テントを担いで旅行すると言うことは野外で生活すると言うことだ。
自転車で移動していると言うことはつねに野外にいると言うことだ。
ということは僕のしたような自転車旅行では建造物の中にほとんどいないということになる。
実際そうだった。

普通に生活していると暗くなれば家に帰るということをする。
仕事は現場仕事などの野外の仕事を除いたサラリーマンと呼ばれる人たちや、
店舗を構えた自営業の人たちはほとんどの時間を建物の中で過ごしている。
外に出ている時間と言うのは意外に少ない。
通勤など、移動している時間が外に出ていると言えるのだが、
それも車に乗ったり、電車に乗ったりしていてまったくの野外ではなかったりする。
僕は職場が外なので外にいがちだが、それでも半日も外にいるわけでもない。
それが旅行に出たとたん、何か買い物するときとトイレに入っているとき以外はほぼ野外。
外気に触れっぱなしだ。

今回の旅行は船中を除けばすべてテントで過ごしたのでおよそ3週間という時間の9割がた野外で過ごしたことになる。
特別テント生活が好きだったわけではなくなんとなくそうしていたに過ぎないが、
前記事のように野外生活には妙な危険もはらんでいるため時には宿泊施設を利用するべきだと思う。

地方に行って来たんだから空気がよかったでしょうと言われたりもするんだが、
僕は車ががんがん通る国道を走りまくっていたのでおいしい空気は望めない。
走り終わって顔を洗うとかなり排気ガスで汚れている。
夜空がきれいだったでしょうとも言われるが、東京より幾分星がよく見えるかなという程度だった。
山にでも行けば段違いの夜空だっただろうが、地方といえども市街地の空はやはり明るいのか星は見えにくい。
本当に夜空がきれいだなと思ったのは帰りの船の夜空だった。
天の川なんて久しぶりに見たよ。
その船もこうこうとあかりを照らしていたのでその明かりさえなければもっともっと星降る夜空だっただろうね。

日焼けに関しては初日に紫外線対策をしてなかったためいきなり真っ赤に燃え上がるように焼けた。
翌日スーパーでSPF50のUVクリームを買っていたるところに塗ったが吹き出る汗でどんどん流れ落ちてしまって気休めにしかならなかった。
やけくそになって全身焼いてやると思って上半身裸で走ると一気に真っ赤になり数日後には皮が剥け、
それからしばらくして松山の公園で午前中パンツいっちょで洗濯物をしていたらそれだけでまた背中が焼けてまた剥けた。

野外で夏というと当然蚊の猛攻撃を受けることになる。
夜はテントの前に蚊取り線香を設置していたのでどうにかなるわけだが、
朝起きてテントの中に蚊が二匹もいたこともあった。
蚊に刺されることは当たり前ぐらいに思っていたのでいちいち気にしていられなかった。
かつての北海道旅行では足一本につき20箇所くらい刺されたので気持ちの免疫は出来ている。
キンカンなんて不必要。


まあ思い起こせば色々あるが今日はこの辺で。
婦女子が自転車旅行をする場合こうした問題を振り払っていかないといけない。
かつて北海道を旅行したとき単独で旅行するバイクの女の子や自転車の女の子を複数見た。
そのたくましさに頼もしさを憶えたものだよ。
今回は見なかったなあ。気がつかなかっただけかもしれないが。

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

自転車旅行後記~徳島1

徳島での台風のこと。

ホモが集まるとうわさの高松の公園を出てぐいぐい走って旅の最終地の徳島へ。

午後から雨が降るというのは前日より知っていたがそれが台風の影響によるものだとその日の道中のブログのコメントで知った。
大急ぎで走り、登りのある11号線からいったん離れ鳴門市街を回って土産を物色し大急ぎで徳島市街へと向かった。
普段から鍛えられてたのか道中まったく筋肉痛にならなかったんだがこの日よっぽど急いでいたのかその翌日足の筋肉痛になった。
午後4時ごろには徳島市街に入りあちらこちら公園を探すがこれといった公園が見つからない。
台風をしのげる(そんな気がする)公園。そんなものはやすやすと見つからない。

ここでテントをはる予定だったがお城のあるような御苑系統の公園はさすがに無理だ。確実に追い出される。


画像左の川べりの公園もテントをはれるようなところじゃなかった。
画像右に隠れている児童公園というのも見たが都市部に見られるような申し訳程度の公園だった。
ろくに木も生えていないような公園だった。これでは台風をしのげない。

で困って持っていたツーリングマップを見て公園とは書いてないが港に近いわずかな緑地帯の場所に向かった。


mapionの地図を大きくすると「津田公園」と書いてあるわけだが、
そのときの僕は公園かどうかわからず一か八かで向かったのでそれがしっかりした公園だとわかったときの安堵感は言葉に出来ない。


実はこの日のお昼ごろ、徳島の港に電話して東京便のフェリーの状況を聞いた。
明日は出向しますかと。台風の影響とかあるでしょ。気になった。
が、東京便は偶数日の出航なので明日5日はそもそも出航いたしませんと言われて愕然とした。
だからそもそも台風14号をしのぐとかそんな気はなく、
そのまえにフェリーで帰ろうと思っていたのに明日は出航の日ではないときたので僕の心中はすでに暴風圏に入ってしまった。
だって船はその日4日の正午ごろに出てしまい、次の出航日は6日で明後日だが台風の直撃する日でこれはさすがに欠航だろう。
となると最短で出航できそうなのは8日ということになり、
僕はその日から徳島に4日間釘付けになる。台風もしのがなければいけない。


で大慌てで公園を探した結果、その港の近くになんとも横長の公園を発見したわけで。
とはいえ木はたくさん生えており暴風の役に立つかもしれないと思った。
その日はまださして風も強くなく曇り空だがなかなか雨も降らず穏やかといえば穏やかな一日。
公園の裏には土手をはさんで団地があって土手を地元の人がよく散歩していていてテントをたてる見慣れない旅人に声をかけてくれる。
台風来るけどだいじょうぶかーとか、どっからきたの?とか。人懐こい人々。ありがたいことです。
その公園の近所に買い物できそうなところもあったしとりあえずその日はそこに泊まった。
でその後その公園にそのまま4連泊するはめになった。


つづく

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

自転車旅行後記~泊まった場所

台風の件は次回。今日はテントはった場所。


東京都国分寺市 自宅
↓ 一日目:61km
神奈川県秦野市 金目川(人少ない テントをはるような場所ではない)
↓ 二日目:74km
静岡県沼津市 千本浜公園(ホームレス在)
↓ 三日目:73.5km
静岡県静岡市 森林公園(人多い テントは微妙 ホームレス無)
↓ 四日目:108km
静岡県磐田市 竜王海洋公園オートキャンプ場(快適 風呂等有 料金が高い
↓ 五日目:7.5km
静岡県浜松市 遠州灘海浜公園(超快適 台風回避可能 人少ない)
↓ 六日目:114.5km
愛知県名古屋市熱田区 白鳥庭園(テントは微妙 人多い ホームレス在)
↓ 七日目:96.5km
滋賀県米原市 朝妻公園(快適 人少ない)
↓ 八日目:53.5km
滋賀県近江八幡市 牧キャンプ場(快適 夜も客がうるさい 料金無料)
↓ 九日目:55.5km
京都府京都市北区 賀茂川(ホームレス在 人多い)
↓ 十日目:62km
大阪市中央区 南大江公園(ホームレス在 住宅地なのでテントは微妙)
↓ 十一日目:32km
フェリーで一泊
↓ 十二日目:17km
愛媛県松山市 石手川(ホームレス在)
↓ 十三日目:93.5km
愛媛県伊予三島 運動公園(超快適 人少ない)
↓ 十四日目:92km
香川県高松市 中央公園(夜も人多い ホモに注意 テントは微妙)
↓ 十五日目:100km
徳島県徳島市 津田公園(超快適 人多い)
↓ 十六日目~十九日目(四泊)
フェリーで一泊
↓ 二十日目:52km
東京都国分寺市 自宅


(計算上の)全走行距離1092.5km

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

自転車旅行後記~徳島2

徳島の二日目。
本番の日。
早朝より雨だった。
風もすでに強かった。
しかしピークは遅くなってから。対策は今のうち。

テントは木漏れ日のさすノーテンキな場所にたてていたので移動しなければいけない。
公園内をうろついて台風をしのげるような場所を探す。
植え込みのしっかりした場所をさがすわけだがそうそういいポイントはなかった。
児童会館という建物が園内にあったがしっかり鍵かけられてた。あたりまえだ。
いざってときは鍵壊して入ってしまおうかと思ったりもしたが。
あれこれ悩みつつトイレに行ったらいい場所発見。
四方が壁に囲まれているので即決。

20050905130305.jpg

(トイレと土手の壁の間から撮影)


テント設置場所の俯瞰図

(上から見た図)

倉庫にテントの側面を押し付ける形で設置。
「ペグ」という杭をテントの四隅と側面と前室のフライシートに打ち込むものなのだが、
旅行出立してからまもなく家に忘れたことに気づいてアウトドアショップで5本だけ買ってた。
7本打ちたいところだが5本しかないので赤いところにだけ打った。
左の前室のところと下中央のところのペグの上に落ちてたブロックのかけらを置いた。これが後に功を奏した。
自転車はトイレの通路に立てかけた。昼過ぎに見たらひっくり返っていたんだが。

これでまあ何とかしのげるだろうか、いや、しのげるに違いない。そんなことを思いつつ午前8時ごろにはそのままテントにこもった。
台風14号が過ぎるのは翌早朝との予報。
20時間はテントに立てこもらなければならないと判断。ゲンナリする。
その間寝ることも出来ない。
かくして台風14号との戦いの幕が切って落とされた。
なんてかっこよく書いてみたが自然の猛威はテント野郎の悲壮の決意などどうでもよくガンガン風は強まった。

午前の時点でそりゃもうすごい風。でも四方が壁なのでまあテントの中に僕がいればテントが飛ぶことはなさそうだった。
とはいえ風はまったくやまないし風以外の音がほとんど聞こえないし、テントの前と後ろがさえぎられているため外が一切見えない。
そんなときにテント越しに声をかけてくれる人がいた。
土手の向こうの団地のおばあさんだったのだが、その方がありがたいことに毛布を持ってきてくれた。
地元に住んでると人のやさしさを振り払おうとする自分がいたりするんだが、
旅人として見知らぬ土地にいると他人の優しさはすべて享受するようになる。不思議なもんだ。
本当にありがたかった。だが、この毛布を汚すわけにも行かない。
ビニール袋に入ってたのでクッションとして使うことにした。これが大いに役に立った。

正午前後で色々思いつつ携帯からのブログの更新をやめることにした。
が、それも心配をあおるらしいコメントをいただいたのでやめることをやめて3時間おきに更新することに。
タバコを見ると買い置き忘れたため10本程度しかなかった。明日の朝まで徹夜は必死なので2時間おきにタバコタイムとした。
その間、ただただ耐えるのだ。

時折襲う突風を手足を使って曲がりそうになるテントの支柱を押さえたりする。
こういうときは色々と頭を使う。支柱を支え続けるのはしんどい。
2リットルの水タンクを紐に引っ掛けその紐を日本の支柱にくくりつけて重石とすると割と安定することを発見。
有頂天で余裕ぶるがそんな工夫も数時間後には余り意味はなくなる。
時間が経つごとにすさまじい風がさらにすさまじいものになる。
これでピークかと思うのだがそれを越える暴風がやってくる。
こうなると精神的に追い詰められてくるもので、
団地の方に逃げ出そうと思って手持ちのコンビニ袋にできるだけの荷物を詰め込んでテントごと放置してしまおうと何度も思った。
実際暗闇が押し寄せてからきっちり荷物をまとめて出るか出ないかというところまでいったりもした。


つづく(長いテキストだなあ)

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひさ

  • Author:ひさ
  • 仕事が遊びで、遊びが仕事。
    石のはんこ屋は仮の姿。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。